L'ecoute du silence

自分の好きなこと、気になったこと、興味のあることや今していることなど日常やゲームなど日々あったことを気が向いたときに書き溜める所です

いろんなところがボロボロでリハビリ兼ねてます。

おはこんにちばんは。

どうも、今日退院してきました。

先週の火曜日くらいに救急搬送してもらい、そのまま緊急入院してました。

 

ところどころおかしいかも知れないですが、そこは大目に見てください。

で、何で運ばれたかと言うと……脳出血だそうです。

救急車呼んだのは自分なんですけどね。

意識もはっきりしてましたし。

ですが、呂律が回らず左半身の感覚がおかしかったです。

 

今もまだ左手の感覚はちょっとおかしいです。

そのためか左で打ってる方の字は誤字が目立ってます。

すみません。

そのためにリハビリも兼ねてこの記事を書いています。

一応は誤字の確認とかしてますが、今までで来ていたことができないのってこんなにもイライラするものなんですね…

こういうのって感覚(?)みたいなもの戻ってくるのかな…

 

毎日の積み重ねが大事だとは思いますけど。

 

左手で字を書くのですが、それもタイピングみたいにどうにも感じというか感覚みたいなものがおかしいです。

自分ではきちんと書いているつもりなのにかけてなかったり、入力できていなかったり…

不便でなりません。

前みたいにもっとすらすら書けるようになりたい…

 

しゃべりも以前と比べると若干おかしい気がします。

通話とかしてると、分かるかもしれないです。

 

駄目だ、できるはずのことができないって言うのがものすごくまどろっこしい…

皆さんは病気などならぬようにしてほしいです。

 

まとまりのない文章で申し訳ありません。

自分の練習も兼ねているのですが、読みにくかったりしたら意味ないっすよねぇ…

 

 

小さい「つ」を使うための2回同じキーを入力するのがうまくできない感じかな…

なんだろう全体的に小さい文字の入った言葉とかそういうのが慣れないです。

そもそもローマ字入力のか行から怪しい気がしてきました。

 

先生にも言われましたが左手の力加減がうまくできない感じです。

1~10段階まで調節ネジがあるとすれば、1、5、10とその間間がないような感覚でうまいこと出来ないです。

ご飯を食べたり物をつかんだりは出きるのですが…これが後遺症なんでしょうね…

 

 

 

 

治るのかなぁ~